お問い合わせはこちらから 地図・アクセス 会社概要 教師募集 リンクQ&A トップへ戻る



 ご挨拶
 コース紹介
 体験・入会・料金
 先生紹介

 通信添削



     もう迷わない!
    中国語の語順の再発見(初中級)
         ー名古屋2019ー
 
   

講 師  林 松涛 
      著書 『つながる中国語文法』(ディスカバー21)
          『マップ式中国語単語記憶術』(講談社)
          『シンプル公式で中国語の語順を制す』(コスモピア)
           『つたわる中国語文法』(東京書店)など

時 間   2019年9月16日(月、祝) 12:30~15:30

場 所  
愛知県名古屋市中村区則武1-13-9 チサンマンション第3名古屋302

内 容  中国語の基本語順は「主語+動詞+目的語」だとよく言われています。
      しかし、その語順に沿っていない文が多くあります。
      それは迷いの理由と考えられます。
      本講座では、斬新の視点から中国語の語順を捉えます。
      このような再発見で、もう迷わない自分に出会えましょう。
      【本講座は近畿からスタートし、今年9月の名古屋での開催も予定されています】
      
      1 「主題」を分かる意味
       語順を考えるとき、なぜ「主題」を意識することが大事なのでしょうか。

      2 「~有~」と「~在~」の語順が逆になる意味
        存在(出現など)とかかわる文の語順は二種類あります。
        その違いは、主語と関係あります。
        「特定の主語」と「不特定の主語」によって語順が変わります。
        今回は「特定とはなにか?」という話からすすめていきいます。

      3 結果補語と可能補語
        「動詞+結果補語」を二重述語として見てみると、結果補語の論理がわかります。
        時間があれば、結果補語と可能補語の違いについて説明します。

      4 「~被~」と「~把~」の語順
        ほとんどの参考書に「~被~」と「~把~」の構文に「+α」が必要と書いてあります。
        しかし、「なぜ?」についての説明はありません。
        その理由は、二重主語(主題+主語)と二重述語(動作+結果)の構造にあります。

参加費  3000円
定 員   24名

  お申込みは、「問い合せページ」でお願いします

 

 Copyright (C)(株)語林 All rights reserved